九電やらせ問題

九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)2、3号機の運転再開を巡る「やらせメール」問題で、同原発と川内原発(鹿児島県薩摩川内市)のそれぞれのトップが、メールの内容を事前に把握していながら黙認していたことが9日、九電関係者の話で分かった。九電では従来、住民説明会で社員を動員するなど「やらせ」的な手法が常態化しており、原子力部門の閉鎖性もあってチェックが利きにくくなっていた。九電はこうした社内体質がメール問題の背景にあることを認め、週明けにも経済産業省に伝える報告書に盛り込むことにしている。(毎日新聞)

いやいや、原発のトップだけじゃなくて、九電のトップもはあsくしてたんじゃないの?

JRにしろ、電力会社にしろ、お国がバックできた会社の体質には胸が悪くなる。

トップが把握してたのかどうか、徹底追求してもらいたいな。

エステナードソニックMOMO 美顔器激安通販
骨盤ダイエット 方法・器具ミニ事典
放射能測定器(ガイガーカウンター)通販

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    カテゴリー

    このページの先頭へ