りんご病だって?

頬が赤くなることから「リンゴ病」の名で知られている「伝染性紅斑」が流行している。国立感染症研究所によると、6月20~26日の週の定点医療機関当たりの患者報告数は1・47となり、平成4年以降で最も多くなった。感染研は「流行のピークは7月。発疹などの症状が出る前の数日間に一番感染力があるので気をつけてほしい」と注意を呼びかけている。

 リンゴ病は夏に患者報告数が増加。定点当たりの報告数は、昭和57年の調査開始以降、62年に1・58、平成4年に1・56を、それぞれ流行のピークに記録しているが、今回の1・47はこれに続く数値。

 都道府県別で見ると、最も多いのが宮崎で3・92。群馬が3・16▽栃木が3・13▽埼玉が3・03と続く。感染研では「リンゴ病はほぼ4~6年周期で患者報告数が増加する。昨秋以降、患者報告数は例年より高い水準を継続しており、今年は4年ぶりの流行となった。報告数は平成4年以来19年ぶりの高い数値になっている」と説明する。

 潜伏期間の10~20日が過ぎると、頬が赤くなり、手足にレース状の発疹ができる。治療法がなく、対症療法で対応するしかない。(yahoo newsより引用)

初めて聞くなあ、そんな病気は。

幸い、あまり深刻な病気じゃなさそうだけど。

婦人病で「バナナ病」とかあったらイヤラシイな。

わたくし、「焼肉病」

時々無性に焼肉が食べたくなる病気です。


ミーチュ ラブリーボム バストアッププエラリアサプリ激安通販
生理周期ヤセ期ダイエット
シャドーボクサー効果使用体験

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    カテゴリー

    このページの先頭へ