蜘蛛が自動車を止めるという奇談

このリコールは、北米マツダが3日に公表したもの。米国で製造された『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)について、燃料の通気管に「イエローサックススパイダー」と呼ばれるクモが巣を張るトラブルが発生。北米マツダは「最悪の場合、空気の通りが悪くなることでガソリンタンク内の圧力に異常をきたし、燃料タンクに亀裂が入るなどして火災を起こす恐れがある」として、2009-2010年モデル約5万2000台のリコールを届け出ていた。

この問題がホンダにも波及。米国ホンダが9日、一部メディアに対して明らかにしたところによると、米国製『アコード』(日本名:『インスパイア』)の2008-2009年モデルにも、マツダと同様のトラブルが発生。米国ホンダはこの事実を2009年夏に把握しており、全米の販売店に対して、注意を喚起するよう促していたという。ただし米国ホンダは、「実際に火災や燃料漏れの報告は受けていないため、リコールは行わない」としている。

なおマツダもホンダも、クモの巣を取り除き、通気管にクモの侵入を防ぐバネを取り付ける対策を講じるとのことだ。(yahoo newsより引用)

こんな話を聞くのは初めてだよ。

なんと物好きな蜘蛛がいるもんだね。

しかもその蜘蛛の引き起こすことがメーカーの責任になって、人間様に損害をもたらすとは!

アメリカでは自動車メーカーはリコールの可能性がある問題には過敏になっているようにも見えるね。


四午(シウマ)の数風水 1分開運琉球秘術
川井春水の占い 七曜姓名鑑定
自由が丘の母 占い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です