カダフィ大佐の最期は近い

リビアのカダフィ政権から離反したアブドルジャリル前司法書記(法相)がトップを務める反政府勢力の連合組織「国民評議会」に対し、カダフィ大佐が訴追されないことなどを条件に、退陣を含めた交渉を提案したことが8日までに分かった。大佐は、泥沼化が懸念される内戦状態の終結に向けた「出口戦略」を模索しているもようだ。ただ、反政府勢力の大佐への不信感は根深い。交渉が実現するかは不透明だ。(時事通信)

訴追されないことを条件にって、同胞を爆撃しといてそれは無理だろう。

正直、チャウシェスクと同じ運命を辿ることを期待している。

カダフィ大佐なきあとには民主的な世俗政権が生まれてほしい。

そしたらリビアに行くのが楽しみだ。

エジプトとモロッコは行ってるので、平和で楽しくなったリビアとチュニジアに旅行できる日を楽しみにしている。


バストアップニュース 胸を大きくする商品・豊胸方法満載!
美脚・脚痩せニュース 太もも・ふくらはぎを細くする商品・方法満載!
ニキビケア 原因・薬・治し方のガイド

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    カテゴリー

    このページの先頭へ