仕分けと言われても・・・

政府の行政刷新会議(議長・菅直人首相)は7日、国の規制や制度の問題点を検証する「規制仕分け」について、2日間の全日程を終了した。電気自動車の普及を妨げているとされる急速充電器の設置基準を緩和すべきだと結論付けたのをはじめ、12の対象項目で10府省庁に改善を要求した。
 政府は判定結果を踏まえ、今月末に規制改革の基本方針を閣議決定する。蓮舫行政刷新担当相は閉会式で、判定について「確実に実行する方向性を誤らないようにしたい」と表明した。ただ、省庁側の抵抗で調整が難航する可能性もある。 (yahoo newsより引用)

ただでさえ政権の次がないのが見えてるのに、外相辞任でとどめを食らったに近い政府が「事業仕分け」と言ってもなあ。

役人にしてみたら「どうせ政権が変わって見直しになって、今の作業は全部むだになる。」「ここが踏ん張りどころ。ここさえ乗り切ったら、後は次の政権との交渉になる。そこからまた長い話だから、当分守れる」ってなもんですよ。

一般国民としてももはや何も期待できないな。

早く自分たちを仕分けして、次のもう少しは期待出来る人にバトンタッチするのが、なしうる最善のことなんじゃないかって気もするよ。


濱口善幸よっちゃっん占い よゐこ濱口優の弟 タロットと心の箱
キャラクターデコメ・キセカエ・待受ランド
クラシック着うた着メロ&作曲家・楽曲情報

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    カテゴリー

    このページの先頭へ